鈴木接骨院グループ 採用特設サイト

先輩インタビュー

泉中央杜都整骨院 院長
鶉橋 ひかり H26年4月入社 入社4年目 年収 約500万円
何故、鈴木接骨院グループで働きたいと思いましたか?

私は小学生の頃からバレーボールをしており、捻挫やつき指などのケガも多く、いろいろな接骨院に通っていました。どこの接骨院に行ってもケガをしたら「安静にしててね。」と言われるだけで、試合に出たかった私は接骨院は行っても意味がないと思っていました。
そんな中でまたケガをしてしまった時に向かった先が鈴木接骨院でした。そこでは今までなかったような私の症状、生活に合わせた説明・施術をしてもらい、院を出る頃には「よくなってる!今までと違う!」と学生ながらもワクワクしていました。それからは接骨院に通うのが楽しくなり、私もこんな風に怪我をして困っている人たちに何かしてあげたいと思いました。
他の接骨院ではなかった「変わった」「よくなった」「元気になった」というような気持ちの変化をも感じてもらえるような関わりをしたい、ここ(鈴木接骨院)で多くの人が私のように「今日ここに来てよかった。」「なんかすごくよくなった。」と思い「ニコ」っと笑顔になれるような方を増やしたいと思ったのがきっかけで鈴木接骨院グループで働きたいと思い、柔道整復師の道を目指しました。

鈴木接骨院グループで働いてみてどう感じられましたか?

目の前の患者様に対して、また、関わる全ての方に対して幸せの連鎖を拡げることができる場所であると感じました。 目の前の人に本当によくなってもらいたいという関わりが本気でできるので、患者様からの「ありがとう」の声をいただいた時は、涙が浮かぶほど心から嬉しく思いました。
また、一人一人が目指す目標を目的に沿って設定し、全員がその目標に向かいながら支え合える会社であると感じました。
自分自身がやりがいを感じ、また、幸せでなければ目の前の方へ幸せの連鎖を拡げることはできません。鈴木接骨院グループはその自分自身のやりがい、幸せが実感できる場所だと思っています。

求職者へメッセージお願い致します。

私たちが大切にしている「皆様の心と体を元気にし地域社会に貢献する。幸せの連鎖を拡げる」という理念を実現させるためには働くスタッフ一人一人のレベルアップが必要となります。
弊社では、急性外傷の処置や、慢性腰痛、肩の痛みの施術を覚えられる「本物治療化育成プログラム」や毎月1回外部講師を招いて開催している技術勉強会があり、施術家として成長できる環境を作っています。転職をお考えの方でも当グループの治療技術、治療に対する考え方を一から学ぶことができます。
勤務歴に関係なく、責任のある役職にもつくことができ、自分が思い描く柔道整復師として働くことができる会社になっています。柔道整復師として誇りを持ち、患者様をよくする、感動してもらえる施術家へみんなで成長していきましょう。

エリアマネージャー
渋谷 亮介 H24年4月入社 入社8年目 約600万円
何故、鈴木接骨院グループで働きたいと思いましたか?

学生の時に就職先を探し、複数の接骨院の院長先生の話を聞きにいきましたが業界の先を見て接骨院の運営をし、熱い想いをもってスタッフに関わっていた院長(現社長)に信頼を抱いた事です。
私が入社した7年前の地域の接骨院では保険治療での診療が主流で保険外治療に力を入れている院は少なかったです。
当時の鈴木接骨院では今後健康保険のみで経営を支えていくのは難しくなると考え、早期段階で保険外治療の開発や取り入れに力を入れておりました。
今現在でも今後の接骨院業界における時流の先を読んで、経営方針を定め、事業の運営に取り組んでおりますので長期的に安心して社員が働いていけると思っています。

鈴木接骨院グループで働いてみてどう感じられましたか?

目の前にいる患者様を本気で「よくする」
同じ職場で働くスタッフ同士、仲間を「よくする」
心も体も元気な人で溢れる社会にし、地域社会を「よくする」
会社、スタッフ一人一人が理念、ビジョンが明確持つだけでなく、実際に想いを実現させるために毎日一人一人が切磋琢磨している会社です。

求職者へメッセージお願い致します。

弊社は、患者のために、仲間のために、会社のためにと自分でできることをを自らが考え、主体的に取り組んでいるスタッフにはちゃんとそれに見合った評価をしてもらえる会社です。
社員一人一人の公私における自己実現に向けて役職、等級を設けており、自分がどの程度貢献してどの程度の収入を得ていくかも分かりやすくなっております。
実際に20代のスタッフも多いですが、年齢で給与などの評価はせず、会社で定めた定性評価で判断します。
極端な話、入社歴が浅くても向上心を持って努力を重ねれば早い段階で院長職や、それ以上のポジションにつくことも可能です。 中途採用で入社する方はスタートが早いので、ある意味早期に責任ある仕事に就くチャンスとも言えます。
入社後は、自分の成し遂げたいことに全力投球しながら公私ともに充実した生活を送っていきましょう!

トップページへ戻る